肌が弱い人は無添加のコスメを使う

肌が弱い人は、添加物が入っていないコスメを選びます。添加物の中には肌への影響が強く、使用後にヒリヒリするなど肌トラブルを起こすものがあります。合成界面活性剤は、リキッドファンデーションなど油分を多く含むコスメに入っていることが多いです。

油分と水分を混ぜるのに使われますが、肌のバリア機能を壊す可能性があります。肌のバリア機能も油分と水分の絶妙なバランスで保たれているため、合成界面活性剤によってバランスが崩れると外部からの刺激に弱くなります。肌が弱い人は元々バリア機能が低下しやすいため、合成界面活性剤の影響を受けやすいです。

防腐剤はコスメを安全に長く使うのをサポートしますが、種類によってはアレルギー反応を引き起こすこともあります。メチルパラベンやフェノキシエタノール、BGなどがあります。防腐剤が入っていないとコスメにカビが生えて、アフラトキシンという強い毒が発生する恐れがあります。

毒素を顔に塗るのは危険ですが、防腐剤で肌トラブルが起きることも無視できません。最近では商品の品質は高く保てるように設計された防腐剤フリーのコスメがあります。価格は高いですが、肌の弱い人向けなので安心して使えます。

健康と美容に低gi食品を

健康診断でよく耳にする血糖値とは、私達の体内を流れる血液中のブドウ糖の濃度のことです。体内に入る栄養素のうち糖質が、消化酵素で分解されブドウ糖になってエネルギーとして使われます。

ブドウ糖が血液中に流れると血糖値が上がり、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され肝臓、筋肉、脂肪組織などにとりこんで血糖値を下げる働きをします。このインスリンは、血糖値を正常に保つ大切な働きをしています。

しかし血糖が増えすぎると高血糖になりインスリンの機能が低下して、血糖値のコントロールができなくなってしまいます。そうなると血液がどろどろになり糖尿病をはじめ動脈硬化、高血圧など様々な病気になってしまいます。

そこ問題になるものが食品のgi値です。参考 低GI食品で血糖値をコントロールしよう!

gi値とは、食後どれくらい血糖値を上げるのかをあらわす指標です。食後に血液中の糖質の量を測定して数値が低い食べ物を低giといい、ゆっくり吸収されていきます。そのため腹もちがよくインスリンへの負担が軽減されます。逆に糖質の数値の高い食べ物を高giといい、インスリンに過剰な負担をかけて肥満にもなりやすい身体になります。

年齢とともに代謝が落ちてしまうため、できるだけgi値の低い食品をとることで、生活習慣病、肥満などのリスクを回避できます。

ヘアケアに効果的なオイルについて

ヘアケアの商品はミルクタイプやジェルタイプなど様々な形態がありますが、秋から冬にかけての季節に特におすすめなのが、オイルでのヘアケアです。オイルでのヘアケアには2種類方法があります。まず一つ目はお風呂でできるトリートメントして利用する方法です。まず好みのオイルを選びます。

オリーブオイルは髪がしっかりと仕上がり、ココナッツオイルやあるがんオイルは髪が柔らかく仕上がるといわれています。選んだら、そのままでもいいですし、思いテクスチャのものは、温めてから使用すると髪になじませやすく、使いやすいです。手に取ったなら、毛先から少しずつなじませていきます。髪になじませたら、今度は頭皮マッサージを行います。ここまでやったら、髪を束ねてタオルを巻いて30分。そのあとに、髪をぬらさずにシャンプーを行い、2度目のシャンプーはいつも通りにおこないます。

コンディショナーはやってもやらなくても大丈夫です。このトリートメントは1週間ほど持続します。そしてもう一つの方法はアウトバストリートメントとして使用すること。これはタオルドライした髪に内側からなじませていくだけ。洗い流しませんので、頭皮にはつけないことがポイントです。うまく使って、さら艶の髪を手に入れましょう。

エステの用語を知ると施術内容も理解できる

エステ用語がわからずに、エステシャンの言っている事が理解できないという人も少なくありません。知っておくと便利なエステ養母はRFです。RFはアールエフと読み、熱エネルギーを送り込む美容技術・マシンの総称です。

目的によって効果が変化し、ダイエットの場合には脂肪を燃焼させるもの全身の代謝を高めるものがあります。EMSはイーエムエスと読み、体内に電流を流して脂肪や筋肉を刺激し鍛える技術で、筋肉トレーニングのような効果を得る事ができます。基礎代謝を向上させてダイエット効果に繋がります。

高周波エステは電気の力で細胞を活性化させ、熱エネルギーを起こす美容マシンです。体温を平均3~5度場所によっては7度上げる事ができ、代謝を促進して脂肪燃焼にも効果があります。超音波エステは人間の耳には聞く事ができない超音波の振動を利用して肌を刺激し、リンパ液の流れを促進して新陳代謝を促す働きを行います。

ファーミングは引き締める事、パーツエステは気になる部分を集中的に行うエステの事です。他にも多数言葉がありますが、専門用語を知る事によって施術中の会話から今自分がどんな施術を受けているのか、どんな効果があるかを理解する事ができます。

サロン体験談

①毎週欠かさずムダ毛処理をしていたところに、友人から一本の電話がありました。

脱毛ラボの友達紹介についてです。ちょうど脱毛サロンに興味があったので、引き受けることにしました。

予約は全身脱毛おすすめランキングで体験談をみてからしました。
どうやら紹介された側には1万円程度お得になる特典が用意されているようでした。私の目的は全身脱毛でしたので、特典が適用されたことを確認したらすぐに予約申し込みをしました。

サロンでは最初に問診表とカウンセリングを行い、後日施術が始まりました。正直痛かったです。しかし、仕上がりは満足いくもので全身からムダ毛がなくなりました。脱毛サロン通いに少し抵抗がありましたが、今回の一件でやみつきになりそうです。
今度は私が友達紹介をしたいと思います。

②私はミュゼプラチナムで脱毛をしているのですが、今現在はワキの脱毛とVラインの脱毛を続けています。

以前は腕とか足、トライアングル上下、Iラインなどをしていましたが、回数を重ねて十分減ったなと思える量にまでなったのでそのあたりはストップして、脇とVラインは無制限でできるというものだったので、今でもそれは続けています。

無制限のキャンペーンは結構ミュゼでしているのですが、これは本当にお徳だなって思えました。
他の部分と一緒じゃないと通えないとかでもなく、無料になっている部分だけでも嫌な顔せずに施術をしてくれるし、決して手抜きをするわけでもないので凄く気に入っていますし、だからこそ通い続けれているサロンなのだと感じました。

医療クリニックってどうなの?

ムダ毛を処理する方法はカミソリで剃るなど自己処理が主流でしたが、最近では肌の事を考えて脱毛してしまうという人が増えています。脱毛をしてしまえば時間が経ってもムダ毛が生えてこないので自己処理をしなくて良くなり肌を傷つけてしまう事もなくなるというメリットがあります。

ムダ毛を脱毛する時は脱毛サロンか医療クリニックに通って脱毛の施術を受けるという形になります。しかし脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛の施術方式が大きく異なるので自分に合った方を選んで脱毛の施術を受けるという形になります。脱毛サロンは出力の弱い光を毛根に照射して脱毛していく光脱毛という施術方式を採用しているので肌にかかる負担が少なくて痛みがほとんど出ないというメリットがあります。そのためアレルギー体質で肌が弱いという人でも安心して施術を受ける事が出来ます。

しかし出力が弱い施術方式なので1回の脱毛効果は弱くなってしまい施術を受ける回数は多くなってしまいます。そのため脱毛サロンに通う時はある程度の時間が必要になってきます。医療クリニックは医療なので脱毛サロンの光脱毛より出力の強いレーザー脱毛という施術方式を採用しています。

レーザー脱毛は出力が強いので肌にかかる負担が多くて皮膚の薄い部位を施術している時は痛みを伴ってしまう事があります。しかし出力が強い施術方式なので1回の脱毛効果は強く施術を受ける回数も脱毛サロンより少なくなります。そのため早く脱毛を完了させたいという人はレーザー脱毛が向いています。

夏に向けて

まだ梅雨のジメジメとした毎日が続いていますね。たまに晴れた時には溜まった洗濯物を一気に干している筆者です。そんな梅雨ももうじき終わりついに夏がやってきますね。夏といえばイベントもたくさんありますね。

プールや、海に行く予定などもそろそろ決める時期ではないですか?が、しかしムダ毛のケアーは準備できてますか?せっかく可愛い水着を着るならお肌も綺麗にして行きたいですよね。なので脱毛での体験談を書いていきたいと思います。実は筆者は南の方の出身ということもあり、非常に毛深いです。泣ここだけの話、男性の毛深い方並みの濃さです。泣最近では、男性でもムダ毛を気にする方も増えて男性用のムダ毛ケアー商品もでてきていますね。正直、男性にはムダ毛はそのままにしててくれよぉってのが筆者の本音ですが・・そんな話はさておき、脱毛についてですが筆者お勧めは皮膚科です。

なぜいいか、それは、、1勧誘がない。場所によってはプランなどの提案があるかもしれませんが筆者の通ってる皮膚科は終わったらお会計して終わりです。とくに引き止められることもないです。2強いレーザーが当てられる。医師免許の持ったお医者様がいるおかげで強めのレーザーが当てられます。3通うのは半年に1度。毛の周期にもよりますが基本的には半年に1度の来院でいいみたいです。エステなどは月に1~2回は行きますよね。4肌の弱い方でも安心。

皮膚科ですからね。心配なことはすぐに聞けます。痛みですが場所によっては痛いです。我慢できないときはレーザーの出力を下げてくれるので大丈夫です。筆者は貧乏性なので下げると勿体ない気がして我慢しました(笑)そして焦げ臭いです(笑)時間は両脇で5分ほどなので小さな範囲ならすぐに終わります。金額ですが筆者の行ってる皮膚科は脱毛箇所によって値段が違います。脇などの小範囲なら5千円~です。それと脱毛後すぐは赤くなったりするので脱毛個所の隠れる服装で行ったほうがいいですよ。

そんな感じでだいぶ筆者目線のお話をしましたが、合う合わないは人によりけりなので少しでも筆者の経験が役に立つことを願っていますきれいなお肌で楽しい夏を過ごしましょう。

デリケートゾーンの処理

デリケートゾーンの毛を脱毛したい時は脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける事になります。VIOとはビキニラインのVライン、膣周辺のIライン、肛門周辺のOラインを合わせた事ですべての部位に生えている毛を脱毛して処理するというのが基本です。

そのためデリケートゾーンがツルツルになりますが、女性の中にはデリケートゾーンがツルツルになるのは抵抗があるという事でVラインの毛を少しだけ残すというのが最近のVIO脱毛の主流になっています。Vラインの毛を残す形はいろいろありますが、最も一般的なのはビキニラインに沿って残す逆三角形型で残すという形です。逆三角形型に残せば下着や水着から毛がはみ出す事がなくしかも自然体な感じになるので最も人気の形となっています。

逆三角形型より少し可愛らしさを出したいという場合は卵型に残すという方法もあります。

卵のように丸い感じで残すとビキニラインに沿って残すより可愛らしく見えて女性らしさを出す事が出来ます。そのため若い女性に人気の形となっています。女性の中にはおしゃれをして個性を出したいという人もいます。そのような場合はハード型やスター型など個性的な形に残す事も可能です。

しかし個性的な形で残した時人によっては印象が悪く見えてしまう事もあるので注意が必要です。個性的な形に残す場合は友人に相談してからの方がいいかもしれません。Vラインの毛を残す形はこのようにいろいろありますが、逆三角形型や卵型など一般的な方法で残す方が無難です。

効果が効かない人

脇脱毛サロンに通っても、脇脱毛の効果が効かない人はいるのでしょうか?

脱毛の効果には、感じ方に個人差があります。
どの程度まで脱毛すれば、キレイになった、脱毛できたと感じるかが、人によって全く違うのです。

目立つムダ毛や濃いムダ毛がなくなれば、それだけで脱毛の効果を感じる人もいます。
逆に、目立たないうぶ毛まで脱毛しないと満足のいかない人もいます。
このように細かい毛まで脱毛したいと思っている人は、脱毛の効果をなかなか感じにくいと思います。
決して脱毛か効いていない事はないのですが、少しでも毛が残ると「効いていない」と感じてしまうのです。

光脱毛にはやはり限界がありますので、目に見えない程の細い毛を脱毛するのは難しい所があります。
完璧に毛をなくしたい方にとっては、効かないと感じざるをえないのかもしれません。

しかし、脇脱毛はほとんどの人が効果を感じています。
効かないと言っている人でも、全く効いていないという事はまずありません。

ただし、お肌の状態によっては脱毛が効かない場合もありますので注意が必要です。
例えば、日焼けしてお肌が黒くなっている場合。
この場合は光脱毛の光が毛の黒い部分だけでなく、お肌の黒さにも反応してしまい、脱毛効果が望めません。
また、シミやそばかすがある場合も同様です。
光は毛の黒い色に反応して毛を焼いて脱毛していきます。
シミやそばかすがある場合も、脱毛効果が望めませんので気をつけてください。

もちろん、傷がある部位も脱毛する事はできません。
傷の部分は脱毛が効かないというよりは、脱毛ができないので、傷が治ってからの脱毛が望ましいでしょう。

脱毛の注意点さえ守れば、脱毛はどんな人にも必ず効果があります。

肌荒れしやすい人

夏になると薄着になるため、肌の露出が増えるようになりますが、両わき、ひじ下、ひざ下などに生えているムダ毛が伸びて来るたび、カミソリで剃るのは面倒に感じてしまうでしょう。

水着を着ることがあるなら、VIOラインや背中のムダ毛まで処理しなければならないので、自分一人の力では不可能だといってもいいでしょう。

どんな部位でも完璧にツルツルに出来るのは、脱毛のプロだけなので、これからエステや脱毛サロンに行こうと考えている方があれば、部分脱毛ではなく、全身脱毛を申込むことをおすすめします。

両わきだけの部分脱毛を行っても、次はひじ下やひざ下、その他の部位も綺麗にしたくなるものなので、部位ごとに契約してお金を払うよりは、最初から全身脱毛をした方が費用を抑えられます。

自己処理では刺激が強すぎて、すぐに肌荒れを起こすような方でも、サロンでフラッシュ脱毛を受ければ、そんな心配はいらないので安心です。
フラッシュ脱毛は、優しい光照射で肌に負担を与えることはないので、湿疹や吹き出物などの肌荒れが起こることはありませんし、どんな部位に生えているムダ毛でもなくすことが出来ます。

全身脱毛はキャンペーンを利用すれば、安く体験できるので、出来るだけ口コミ人気の高いサロンを選んでください。